smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ライブ雑感

さぁ、何から書こうか?

先週の土曜日はライブだったので、まずはそのことから書くべきか。

先週の土曜日12月19日は僕のホームグラウンドである長崎市のホンダ楽器の3階のライブスペースでライブであった。
今回は友人であるzoolorettoとマイミクの青嬢たちが企画するSPICEと僕らのイベントClean It Up !との共催であったのだが、あるはずだったのだが、ほとんどの関係者が告知でCIUに関して記載しておらず、38歳くるくるめがねでもちょっと寂しい気持ちになって当日を迎えたのである。しかし、彼らにはきっと悪気はなかったのであろう。自分を振り返っても若い時分は無意識に人を傷つけてきたのだから、そのぐらいで凹んでいてはいけないと思う次第であった。そして、そのことについてステージからイヤミを言うという、38歳にしては大人気ない行為を嬉々としてする自分が好きだったりする次第である。

さっそく話がそれる次第であるのが、僕らしくて良い。

出演者であるが、以下の通り。
・出演バンド
zooloretto
マクマナマン
とぶうさぎ
ちゃの子
・DJ
JOE(TOO!TOO!TOO!)
momoko(INOUT)
sawa(デルタポップ)
ドラゴン(ミー愛さしみ)
社長

僕はDJにはあんまり興味がないので、DJの方々には申し訳ないが、バンドの方の感想だけ書く次第であります。DJの方々、ごめんなさい。やはり音がでかくて視覚的に見ごたえがあるバンド(生の演奏者)の方が印象に残ってしまうのです。

まず、とぶうさぎに関してであるが、やはりうさぎの被り物で登場。1人ぼっちのステージで、心地よいノイズミュージックをやってくれた。電子音となんだか訳の分からない手製の1弦楽器で、浮遊感漂う独特の音空間。彼はセンスが良い。良い感じである。彼のような音楽はきっと一般受けはしないが、気にしないで欲しい。僕は彼を支持する。これからも孤高の音楽表現を追求して欲しい次第。

主催者のzooloretto
だんだんとこなれてきているように見える。もちろん良い意味である。このバンドの肝はドラムだと思う。ドラムの彼の叩き方はスカッとして好きである。技術的に見れば、ミスショットなんかもあったりするのであろうが、全然気にしないで良いと思う。初期衝動を感じさせるドラムである。
ギタァの堤くんと「平成のミキちゃんエマちゃん」の石井嬢に関しては、堤くんのギタァが今までよりも聴きやすくなっていたように思う。石井嬢は暴れすぎてマジ転びしてたりしていたが、勢いがあって良かった。彼女のギタァが一瞬だけキース・リチャーズのように聴こえたので、そのことを彼女に伝えたら不本意そうであったが、良い意味で言ったのであるから気にしないで欲しい次第である。
zoolorettoはこれからも一緒に共演できればいいなと思った次第。

ちゃの子さんに関しては、申し訳ないが、彼女の出演のときにsmockの出演前の練習を地下スタジオでしていたので、見てなかった。申し訳ない次第。とぶうさぎ君のブログを見たら、良い感じみたいだったので、また機会があればご一緒したいものである。

smockに関しては、とぶうさぎ君のブログをご参照ください。個人的にはイマイチどころか「いま3」ぐらいの出来であったで次回にリベンジという感じである。

今回の大収穫はなんといってもマクマナマン
大変に素晴らしい演奏であった。
感銘を受けた次第である。
彼らの演奏を文章で表現するのは難しい。
手数王なドラムも良かったし、ギタァの2人も対比が素晴らしく良かった。
非常に心地よいインストロックであった。
彼らを見た後はしばらく興奮が収まらなかった。
僕らもがんばろうという気持ちになり非常に良い刺激を受けた。
このような出会いがあるから、音楽は止められないのである。
マクマナマンには感謝申し上げたい次第である。

そういえば、バンドやDJ以外にはフラメンコのパフォーマンスがあった。お嬢さんが3人、ステージでスパニッシュギタァの演奏にあわせてフラメンコのダンスを踊られたのである。こういうのはなかなか見る機会がないので新鮮であった。欲を言えば、ギタァの伴奏が生だったらもっともっと良かった次第である。あのようなギタァの演奏を生で見てみたい。

後は、絵画や造形の展示もあったのである。mariko嬢にユリカ嬢、jack、お疲れさま。
芸術作品について感想を述べるアレがアレなので、アレしておくが、みんな良い作品、力作であった。
音楽だけではなくて、このような長崎の芸術家の作品も展示したという意味では今回のイベントは独自性があって良かったと思う次第。

僕個人としては、非常に楽しい刺激的な一日で、このような機会をもっと多く作れるように、これからもがんばろうと思った一日ありやがりました。

by cst6480088 | 2009-12-28 01:02 | ライブ