smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

さぁ、ライブである。

明日はライブである。
佐世保のロックレジェンド、ハウリン伊達丸先輩にお呼ばれしてのライブである。
いつも言うていることであるが、我らsmockの音楽的探求は留まることを知らず、自分では日々これ進歩の日々であると思っている。自信過剰、自意識過剰、自画自賛である。音楽家とはかくも業が深い人間のことを言うのであろうと思う次第。

音楽家というものは、音楽が演奏したいから、音楽で何かを表現したいから音楽をするのであって、作るのであって、表現したいものがないならば楽器を持たなければいいのである。然るに、僕らが楽器を持ち、smockという楽団を作って演奏するのであれば、それは何かを表現したいということなのであろう。まぁ、僕らが何を表現したいのかということと、聴いてくださる聴衆の方がどう思うかは別の問題であるから、聴衆の方々がsmockの音楽を聴いて何を感じるかは自由である。百人いれば百通りの感じ方で感じていただければ、これ幸いである。

表現するのであれば、他人の物まねでは表現する意味がないとも言える。その意味において、僕らは自己の表現を追求しているという自負がある。まぁ、音楽家というものは、多分にそういうものであるのであろうが。

僕らの知り合いの中には、妙に他の音楽家に批評的な者がいる。まぁ、それはそれで良いが、自分が言う言葉はまわり巡って自分に帰ってくるものであるということは自覚すべきである。まぁ、そのような言葉を吐く輩は往々にして自信過剰、自意識過剰、もしくは自我が弱く打たれ弱いが故に自己を守る防衛線の意味を持ってそのような言葉を吐くのであろうとも推察できるが、いかんせん、自己の言葉には責任を持たねばならぬであろう。その意味において、僕は僕の言葉に自覚的に、意識して責任を持ちたいと思う次第である。他人に刃を向ければ刃を自分にも向けられることは覚悟せねばなるまい。

明日の佐世保のライブでは、僕自身はそのような覚悟を持って演奏に望みたいしだいであるが、聴いてくださる方々は自由に楽しんでいただければ、これ幸いである。

明日は、僕の、僕自身のインストパンクロックを演奏したいと思う次第である。
願わくば一人でも多くの方々に僕らの音楽が心に響くことを願う限りである。

◆G-POP HOUR Vol. 5
日時:5月22日(土)午後8時00分開場
於:佐世保市島瀬町9-6(マクドナルド四ヵ町店前)喫茶ガァネット
出演:Howling Setta/DONK!/Damage Digital(佐賀)/Smock(長崎)
チケット:前売¥1500/当日¥2000
*別途1ドリンクチケット¥500が御入場の際必要です。
チケット取扱店:ガァネット
お問い合わせ及びチケット予約:オフィスハウリング 09049930886

by cst6480088 | 2010-05-21 22:42 | ライブ