smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

俺は強姦していたのかもしれん。


横浜からプログレッシブニュースクールメタル!
Arise in stability来崎!

RASKULL&CYANIDE CHRIST presents
OUR TIME IS NOW vol.4
-Arise In Stability"記憶喪失者の描く未来"TOUR-

2011/05/04(WED)
@ホンダ楽器アストロスペース

OPEN 18:00/START 18:30

■TICKET■
ADV 1,500YEN
DAY 2,000YEN
(要1ドリンクオーダー)

■BAND■
Arise In Stability(東京)
DEHORN(福岡)
LINAGE(福岡)
CYANIDE CHRIST
HOTOKE
NEURALGEAR
TOLALL
smock
-----------------------
c0019268_1331237.jpg

可愛い女の子から「このふにゃちん野郎!」と言われたい気がしないでもないようなするような気がしないでもない現在であるるるる。

僕は今日、ふにゃちん野郎の階段をまた一歩登ったのである。

先日の日記でピックに関して書いたのであるが、今日、明日のライブに備えて練習であった。
その際に、ピックを買うた。

今までよりさらにもう1ランク上のふにゃふにゃの亀のピック。
亀がふにゃふにゃの、ふにゃちん野郎であるるるる。
c0019268_1334146.jpg

生きていると、固定した観念・概念に囚われる場合がある。
僕はショートチューンのパンクバンドをやっていた当時は、6弦は52から始まるぶっといアレで、ピックもかたかた、かたかたち○ち○のようなモノを使うていた。
当時は叩きつけるようにギタァを弾いて、気が付けば弦は切れるは、手はいつの間にか血が出てるは、かなりギタァを乱暴に扱うておったような気がするるる。

テンポは200以上、速ければ速いほど良かったし、曲は短ければ短いほど好きだったりした。
実際、当時の僕の曲では1曲15秒ってなアレもあった。
太い弦で、かちかちのピックで、ノンエフェクトで、マーシャルの3チャンネルの歪みバリバリ。
この固定観念はなかなか抜けなかった。

だが、しかし、道は一つではない。
探求すれば、するほど、表現のアレは無限にあり、アレのアレで僕の演奏のアレも変わっていった。
まぁ、仕方ない。にんげんだもの。

僕は今では、ギタァを愛でる、愛撫するように弾くことを意識することもあるが、振り返ってみれば、当時はギタァを強姦していたようなモノであるのかも知れない。
まぁ、勢いまかせにアレしてもギタァが受け入れてくれる場合があったりなかったりするのは、女の子と同じである。

ギタァに対するアレと、女の子に対するアレは似通っているところがあると思うのは、わたくしだけでしょうか?

まぁ、そういうアレで、ふにゃちん度がますます高まったピック。結果として、弦飛びの際のミスピッキングが減った。ミスタッチは変わらないが。
単純に弾きやすい。
今はコードはあんまり弾かずに単音弾きが多いせいだろう。
あんなに弾いていたパワーコードもほとんど弾かないから、ふにゃちんピックでもアレなのかもしれぬ。

ああ、そう。
明日はライブだと書かなきゃと思うておったのに、またつらつらと書いてもうた。
明日はライブであります。
smockはイカした新曲も初披露です。
またアレな階段を登ったアレだと自負しておりまするるるる。
アレな方は是非お越し下さいませ。
メッセいただけるとうれうれ嬉しい限りです。



by cst6480088 | 2011-05-04 01:34 | ライブ