smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「Digital,Analog,Stereo,Monaural,Discotheque.」no,1096



「はっぴい じゃなぁ~い♪ らっきぃじゃなぁ~ああ~い♪」
瑛太さんと松田優作の息子さんが出てるドラマのオープニングの歌を次男と三男がよう歌う。今日も風呂で歌うておった。フラカンの人の声とメロディは子ども心を打つのだろう。僕も好きな曲である。

「まともがわからない♪」
歌ってる人の名前はまだ覚えきれていないが同じドラマのエンディングの曲である。これも子ども達がよう歌うている。僕も好きな曲だ。
演奏は非常に70年代的なアレな臭いがして、ちょうど松田さんのお父さん出ていたドラマ「探偵物語」での曲たちを彷彿とさせるような、まぁ、実際、ドラマ本編にもそういうところがあったりなかったりするのだが、まぁ、そういうアレである。

子どもにも覚えられるような曲というのは、要するに、普遍的ななんとかかんとかを持っているということであろう。特に音楽表現の中でも歌というものの威力というか、「力」的な、そういうアレのアレはやはり別格なのかも知れぬ。

まぁ、私どもの楽団は目下のところライブで歌のあるような曲は演奏しておりませなんだが、やはり歌がない分、即効性というか、わかりやすさというか、そういうアレはちと、アレかも知れぬ。

まぁ、でも、それはそれ。
好き勝手に曲をこさえて20年楽団をやってきておりまする。
若い時分はちと色気づいた事を考えたり願ったりしたこともありまする。しかし、私めがなぜ楽器をぶら下げ音楽を奏でておるかというと、やはり音が出したいから、でかい音で仲間と演奏したいから、ギタァが弾きたいから、それだけなのでありまする。つまらぬことと思われる方もいるかもしれませぬ。欲のない日和った輩だと思われる方もいるかも知れませぬ。でも、結果的に、そういうことなのでありまする。

まぁ、しかし、その結果として今まで人様からお褒めの言葉をいただいたり、CD作品を買っていただいたり、音楽を通じて歳の離れてたり離れてなかったり、いろんな友人知人が出来たりと、ありがたい副産物、副産物というと言葉は悪いかも知れませぬが、そういうアレもあって、楽しいものでありまする。まぁ、大人の野郎4人が何年も何年も楽団を続けるのは大変じゃあるけれども。

アレ?
今日は、アレよ?
書きたいことはただライブのお知らせだったのでありまするが、いかんいかん、みかんみかん、ぱ〇つぱ〇つ、やはりつらつらとキーボードを叩いてしまいまする。

これなのでありまする。

2013.3.10 「Digital,Analog,Stereo,Monaural,Discotheque.」
@Nagasaki Music Bar Paranoia
open/start 18:45/19:00
ticket \1000(+1drink order)
cast
●DJ : shunve /kikke
●BAND : (O.A.)ブルーマンデー症候群 / dope-1 / smock / SD03 / 並之下


チケットはアレのアレでなくても大丈夫です。パライノイアの入口にいるであろうお嬢さんにsmockを見に来たと言うて頂ければ、ありがたい限りです。
自堕落に音楽を続けてきた野郎ではありますが、ばきっ!と、ガリッ!とした私どものならではの、他のアレとはいろんな意味でアレな音楽を奏でやがる所存でありまする。
ぜひご来場くださいませ。
来て下さるアレな方は事前にメッセ・コメント等頂ければ幸いでありまする。

by cst6480088 | 2013-03-03 23:45 | ライブ