smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「ヤマハ トリシティ試乗」no.1116

通勤バイクのSYM WOLF CLASSICのオイル交換にバイク屋へ。
店頭に話題の3輪スクーターYAMAHA TRICITYのあった。
試乗車らしか。
試乗を勧められ、乗ってみたる。

以下にウルフとトリシティの比較。

トリシティは機能面では全てにおいてウルフより優秀。
台湾メーカーのマニュアル125cc、ヤマハ最新125ccスクーターに全く敵うところなし(笑)
まぁ、当たり前か。

動力性能の差を特に感じた。
ウルフでは60も出ない坂道をトリシティはぐいぐいと。
しかもスピード感がなく、気がついたら60出てた。
これはすごい。

原因はまずエンジンが静か。振動もウルフと比べたらすごい少ない。あと、スクーターなので足に風が当たらないのと、前方の小さなバイザーが効いてるのかもしれない。
とにかく優秀。
まぁ、ウルフみたいなプリミティブなバイクと比べたら当たり前なのだろうが。

帰り道、ウルフで同じ道を走る。
トリシティと比べてしまう。
マイナス面が目につく。
ちと、ブルーになる。

しかし、家に着き、駐輪場にバイクを停めて改めてウルフを眺める。
ルックスは圧倒的にウルフ(笑)
僕の好みがこれなのだ。
もともとルックスのみで買うたバイクだし(笑)

そういえば、トリシティで唯一というか、1番大事な部分でのマイナス面、それは、面白くなかった。
スクーターだからかもしれんが、アクセルを開けての反応がもっさりというか、もーって感じ。もーもーって感じ。
スピードの問題ではなく、感覚的なモノだが、ギアを入れ、アクセルを開ける行為は快楽を伴うのだと、改めて感じた。ウルフは遅いけどギアを入れてアクセルをガバッと開けた時の、頑張ってる感、「バイクと俺、走ってるぜ感」は、やはり大事なのかもしれない(゜-゜)

トリシティ、乗り出し32、33万らしか。
もし今、通勤バイクがなかったら、こんなに優秀なスクーターだもの、選択肢に入れない理由はない。
しかし、今、ウルフをどうこうして、もしくは一台増車して買うかというと、そんな金銭はないし、あってもあと少し心を動かすモノのないとねぇって思うた次第でする。

c0019268_11294203.jpg
c0019268_11294276.jpg
c0019268_11294295.jpg

by cst6480088 | 2015-03-08 11:29 | バイク・車