smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「MEDICATIONS #2 」no,146

c0019268_2314967.jpgMedications」(04)Dischord
今回のはシングル?ミニアルバム?とにかく7曲入りです。もともとの米国盤だと5曲入りなんだけど、このCDは日本のレーベルcatuneが日本国内でのライセンスリリースをしていています。Dischord所属のバンドが初めて日本国内でのライセンス・リリースを実現した事例として話題となったそうだ。

日本盤には、「 domestic animals 」と「 corners 」のライブの音源がプラスされているんだ。この2曲の演奏が、とても良いんだな。確かな実力に裏づけされた演奏に、ライブならでは緊張感が音にも満ち溢れていてかなりグッときます。
もともと、「Burn to Shine: Washington Dc 01.14.2004」で「 domestic animals 」を聴いたのがこのバンドを気に入ったきっかけだしね。ちなみに「 corners 」は「 Your Favorite People All in One Place 」に入っている「 I am the harvest 」の異名同曲みたいだけどね。

このバンドの特徴としては、語弊があるかもしれないけど、ちょっとプログレっぽいんだよな。何て言うのだろうか、変拍子?5拍とか6拍とかね、そんな符割の曲が普通にあるのが特徴。「そんなの別に珍しくないじゃん。」って言う人もいるだろうけど、僕にとってはこういうパンクを感じさせる音楽でこんなにテクニカルな音楽はそんなに聴いてないし、このバンドは僕の感性にとても訴えかけてくるんだよね。
by cst6480088 | 2005-08-30 23:54 | 音楽(アメリカ)

「MEDICATIONS #1 」no,145

c0019268_043536.jpg「 Your Favorite People All in One Place 」(05)Dischord
やっときたぜ!DischordのCDは注文してから届くまでが遅いんだよな。

この前書いた「Burn to Shine: Washington Dc 」(no,139参照)に入ってて、えらくカッコよかったんですぐ注文したんだよね。CDが届くのをワクワクしながら待つのは良いもんだよね。「まだかな~?」ってね。
「Burn to Shine: Washington Dc 」に入ってた「domestic animals 」って曲がすごくカッコよかったからそれが入ったCDが欲しかったんだけど、見当たらなかったからね、現在のところの最新盤らしきこのCDにしたんだけど、結果的にはコレでも十分でした。カッコいい。変則的なブレイクと鋭角的なギター、手数は多いけど勢いあるドラム、よく聴きゃベースも良い仕事してんじゃない!特に9曲目「 I am the harvest 」が良いね。ドラムとかバリかっこいい。コレは良いですよ。素晴らしい。

最近忙しくてさ、音楽聴く時間があまりないんだよな。そして忙しすぎて疲れていたから音楽に対する感性も鈍っていたかもしれない。でも、良い音楽を聴けばやっぱ耳は反応するんだよな。

世の中には僕が聴いた事のないミュージシャンが、それこそ星の数ほどいるんだ。その中には心動かない音楽もたくさんあるだろうけど、心が揺さぶられる音楽もたくさんあるんだ。そして僕の感性が鈍ることはあっても、それらの音楽の素晴らしさは変わらない。・・・・はずだ。
だからこれからもたくさんの音楽を聴いて僕の感性が鈍らないようにしようと思う。僕はリスナーでもあるし、プレイヤーでもある。しかも技術的にはたいした事ないから感性は重要なんだよな。・・・・・そういうことだ。
by cst6480088 | 2005-08-24 00:02 | 音楽(アメリカ)

「Modest Mouse #1 」no,144

c0019268_22582246.jpg144回目だ。そういえば昔、僕はガンダムのプラモデルを兄弟で集めてたんだな。それには1/144のモデルもけっこうあったように思うんだ。小さいから少し安いんだよな。確か1/72のモデルもあったと思うんだけど、値段も大きさも全然違うからね。1/144のモデルの方が多くなるんだよな。そしてザクがアレなんだよな。「旧型」のザクだけが足首の間接が動いたりして、他のモデルよりいろんなポーズをとることができるんだよな。・・・もうあんまり憶えていないけど確かそうだったような気がする。詳しい人いたら教えてちょうだい。



・・・・何の話をしてんだよ?

c0019268_22295227.jpg・・・ということで、今日はModest Mouse
Building Nothing Out Of Something(99)up
Modest Mouseは名前だけ知ってて音は聴いたことなかったんだよな。今回初めて聴きました。なかなか良い感じです。前にも書いたかもしれないけど、僕はポップ職人みたいな音楽って言うのはあまり好きじゃないんだ。でも、ポップじゃなくてもイヤなんだ。ガリッとしてそれで耳に馴染みやすくないとね。ホドホドの自分基準があるんだよね。ISOじゃないんだけどね。
このCDはまだ届いたばかりなんで聴きこんでないだけど、けっこういい感じで僕クルマのCDチェンジャーに住み続けそうだな。でも、最近買ったCDで忙しくて聴きこんでないのがイッパイあるな。ヒマが欲しいよ。
by cst6480088 | 2005-08-22 22:49 | 音楽(アメリカ)

「summer dog」no,143

c0019268_174346.jpg前回書いたように、smock 2nd album 「summer dog」10月21日(金)にPeople's Recordsより発売予定です。

それで、昨日、ジャケットなどのアルバムデザイン関係の最後のツメをデザイン担当の高田の家に行ってやってきました。夜中の2時過ぎまでかかってぐったりなったけれど、自分たちでもとてもお気に入りのモノが出来上がりました。あと、コレを音のデータとともに東京の社長のもとに送れば長かったアルバム制作も僕等の部分に関しては終わりだ。これからは社長に一苦労してもらう番だ。

思えば長かったよね。最初の録りの日が去年の8月だからまるまる1年かかってるんだよね。なんかメジャーのバンドみたいだ。でも実際の実働日数は2週間ならないぐらいなんだよね。ま、しかしなんだかんだ言っても、1枚目はよりは自分たちでも進歩してるなって思えるから良いよな。
by cst6480088 | 2005-08-22 01:08 | smock

「BLACK FIELD ROCKERS#1」no,142

毎日暑いね!日中停めてあった車に乗り込むのも一苦労だよ。ハンドル熱すぎだもん。

ま、それはそれとして次のライブのお知らせ。
BLACK FIELD ROCKERS vol.17
日時 : 2005年9月23日(金曜日・祝日)19:30開場 20:00開演
会場 : BeCK(JR大村駅徒歩2分。大村アーケード内ふくたに跡2F)
料金 : 1000円(いも焼酎「祝いの赤 海童」ワンコイン飲み放題)
出演 : ANA(福岡)/DOES(福岡)/smock(長崎)/ BryanJohnson(大村)
A24氏写真展「1000LEAF TOUR」同時開催


友達のBryanJohnsonのイベント。cassettemenで出演したことはあるんだけど、smockとしては初めてだ。すごく楽しみ。ANA(no,75参照)とは2回目だね。

チケットは僕等も預かってるんで来てくれる人はご連絡ください。smockのhpの連絡先は僕になってますので。

あとね、ずいぶん待たせたけどさ、2枚目のアルバムの発売日が決まりました。
10月21日(金)People's Recordsよりsmock 2nd album 「summer dog」発売予定です。

1枚目出してからさ、2年以上かかったけどやっとここまできたよ。ということでみなさんよろしくお願いします!!
by cst6480088 | 2005-08-20 01:15 | ライブ

「精霊流し」no,141

今日は、長崎市が日本で一番爆竹が消費される市になる日だね。たぶん。
毎年8月15日は早く仕事から帰るように心がけてるんだけど、今日はちょっと例年より遅くなったので、少し爆竹の洗礼を浴びてしまった。精霊船を引いてたおじさんが、にこやかに僕の進路方向に爆竹を箱ごと投げてきたんだな。(ワザとかどうかは不明)

「あ~、やっぱりきたよ。・・・」

もう止まれる距離じゃなかったからね、あきらめてそのまま直進。案の定クルマの下で「バリバリバリ!!」ってね。別にそんくらいじゃクルマは壊れないから良いんだけどね。

ここで長崎県民じゃない方に言っておくけど、この人達が投げる爆竹は「箱ごと」だからね。一本とかじゃないし、一束でもない。あくまで「箱ごと」なんだね。

僕のうち自体が精霊流しのコースのすぐ近くだから、長崎生まれじゃない僕もこの爆竹の音には慣れてしまった。でも良く見たら爆竹を鳴らしまくっている当の本人たちは耳栓してたりするのな。「じゃあ、静かに行けばいいのに・・・。」って思うけどそうはいかないんだろうね。

ちなみに8月15日は「終戦の日」だね。原水禁世界大会やいろんなことで平和について考える機会が多い8月だけど、今日は改めて自分と違う考えの人達の意見も知ってみようと思い、「靖国神社」のHPを改めて見てみた。以前見たときは、あまりに不愉快だったので、途中までしか見なかったんでね。

ものごとにはいろんな見方があるけど、改めて思ったのは、「靖国神社」からは平和を願う気持ちは伝わってこない。特に資料館の「遊就館」はひどい。戦争で死んだ人達は、確かに弔わなければいけないが、あまりにも「軍神」扱いしすぎてる。戦争への反省の言葉がいくら捜しても見当たらない。言い出せばキリがない。あまりに幼稚な世界観に固執している。戦争の本質から目を背けるものだ。

こういうところに僕等の国の一部の閣僚は今日、参拝したんだよね。そして総理大臣も参拝する意思は持ってるんだよね。あの人達の「平和」とはなんなのだろうか?
by cst6480088 | 2005-08-16 00:55 | その他

「 Jets to Brazil #1」no,140

c0019268_233598.jpgPerfecting Loneliness(02)Jade Tree
JawbreakerBLAKE SCHWARZENBACH(vo&g&key)を中心とした、Jets to Brazilの3rdアルバム。プロデュースはJ.ROBBINS。Jさんはこの辺じゃひっぱりだこだね。

Jawbreaker自体は僕は聴いたことないんだよね。以前から名前だけは知ってるんだけどね。いつかそれも聞いてみたいね。それでこのJets to Brazil BLAKEさん以外にも、ドラムは元Texas Is the Reason(no,94参照)のCHRISTOPHER DALYだったりとね、歴戦の猛者が集まってできたバンドみたいなんだね。音的には、J.ROBBINSつながりってのでね、エモっぽかったりするのかと思えば、そうじゃないね。ごく普通のロック。こんな言い方すると良くないみたいに聞こえるかもしれないけど、そうじゃない。上手くは言えないけども、芯の部分ではパンクロックなんだなってわかる音。

ものすごく意味ないかも知れないけど、「J」には当たりが多いような気がするな。気のせいかな?J.ROBBINSJAWBOXも良いしね。でも、JといえばJ MASCISだけどね。

そういえばクルマが修理から戻ってここ1週間気分が良かったんだが、気がついたらライトが片方切れてた。また、クルマ屋に行かなきゃ。けっこう忙しくて時間ないんだけどな。でも、まだまだ頑張ってくれよ。400。
by cst6480088 | 2005-08-14 23:41 | 音楽(アメリカ)
c0019268_23171082.jpg前回は、疲れてたんで途中で終わっちゃったけど、この「Burn to Shine: Washington Dc 01.14.2004」、かなり良い中身ですよ。
参加ミュージシャンは・・・・
1,Q AND NOT U
2,MEDICATIONS
3,GARLAND OF HOURS
4,FRENCH TOAST
5,TED LEO
6,WEIRD WAR
7,THE EVENS
8,BOB MOULD


基本的にDischord のバンドが多いみたい。僕はそんなにマニアじゃないからDCのシーンに詳しいってわけじゃないんだ。ホントFUGAZIをちょっと聴きかじったぐらい。このDVD自体はIan MackayeTHE EVENS(FUGAZIは休業中なんだそうだ)が目的で買ったんだけどね。以前ネットでTHE EVENSを1曲だけ聴いてね、けっこう耳に残ったんだよね。FUGAZIはさ、嫌いじゃないんだけど、少しわかりにくいっていうか、とっつきにくいんだよね。「そんなヤツはFUGAZIを聴くんじゃない!」ってIan Mackaye信者に怒られそうだけどね、仕方ないんだよな。

ま、THE EVENSも良かったんだけどさ、個人的に発見したのはQ AND NOT UMEDICATIONSだね。Q AND NOT Uは名前は知ってたんだけどね。MEDICATIONSはギターがとてもカッコよくてCDも聴きたくなったね。このギターはグッと来るね、グッとね。

あと、やっぱりBOB MOULDだね。SUGAR「Copper Blue」を10年ぐらい前に聴いただけだけど、やっぱボブさんいい声してるし、曲がいいね!

あと、このDVDはDC郊外の一軒家で1日のうちに撮影されたみたいだけど、「BURN」ってタイトルについてるだけあって最後に家が燃えちゃいます。それもちゃんと消防士よんでてね、消防士が火をつけてんの。・・・・・「なんだこりゃ?」って感じでした。でも、映像はとてもキレイで、一軒の家とミュージシャンだけが素材の割には映像作品としても良いものだと思います。・・・ま、僕は映画とか全然見ないんでその辺は多くは語れないけどね。
by cst6480088 | 2005-08-12 23:58 | 音楽(アメリカ)
c0019268_0524914.jpgBurn to Shine: Washington Dc01-14-2004
恥ずかしながら、生まれて初めて買ったDVDソフト。僕はパソコン以外にDVDプレーヤーを持ってなくてさ、今までなかなか買うことがなかったんだよ。それでコレが初めてのDVD。
結果としてコレがものすごく良かった。


・・・・・というか、ここ数日とっても忙しくてくたくたのクタクタ。その話はまた今度ね。

おやすみ。
by cst6480088 | 2005-08-11 00:57 | 音楽(アメリカ)
元オメガトライブの杉山清隆さんがテレビに出てた。今日も昼過ぎまで仕事してね、まだ風邪も完璧に治ってないんでぐったりなって、家でボーっとケーブルTVを見てたらね、出てた。映画を作ってたそうだ。興味はある人じゃないんだけど、キレイな声だしあまりにぐったりだったからボーっと見てた。

「でも、カルロス・トシキはどうしてるんだろう?」

そう思ってね、ネットで調べてみた。ネットって便利だよね。彼は今ブラジルにいるそうだ。そういえば日系ブラジル人だったな。だって「カルロス」だもんな。
「1986オメガトライブ」の熱心なファンサイトで以上のことを知りました。中年の男女がたくさん写った写真がアップされてた。なんだかすごく後ろ向きな感じがして少し悲しくなったんだけど、20年もずーっと好きっていうのもすごいことだし、彼等はそれが生きる力になっているのであれば文句言う筋合いもないし、かえってとても良いことかもしれないって思った。
そしてカルロス・トシキは幸せ者だなって思ったんだな。

なんかぐったりぎみでどうでも良い話だな。
宮崎から兄貴が原水禁世界大会に来てるんで、今から会いに行かなきゃなんないからちょっと複雑なんだよな。前にも書いたかもしれないけどそんなに仲いい兄弟じゃないんだよな。男ばっかり4人兄弟なんだけどな、連帯感とかそういうのはほとんどない。最近はお袋の病気で前より連絡するようになったけど、ものすごくぎこちない。歳をとるごとそう感じる。普通は逆なんだろうけどな。
by cst6480088 | 2005-08-07 19:20 | その他