smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「rega #1」no,977

c0019268_2252973.jpg

RONDORINA
CD (2008/7/2) ASIN: B0019N1RKY

やばいです。やばやばやばばばばばです。
このCDは今年の初めに買ったのですが、初めて聴いたときも結構なアレのアレで、興奮のあまりsmockのメンバーに奨めまくったのでありまするが、アレから何ヶ月も過ぎた今でも、やはり何回聴いても良い音源でありまする。

regaは「愛媛出身の東京で活動するGt×2、Ba、Drの4人編成プログレッシヴ・ジャム・バンド」(オフィシャルhpより)らしいのですが、「プログレッシヴ・ジャム・バンド」という括りは良く分かりませぬが、枕詞は必要なく素晴らしい演奏を聴かせてくれる音源であることには間違いございません。ぜひ皆様にもこのバンドを聴かれることをお勧めいたす次第であります。

ちなみに、プログレッシヴとは本来、「先進的」・「前衛的」というような意味らしい。ジャムとはジャムセッション (a jam session) 、本格的な準備や、予め用意しておいたアレンジを使うことなしに、ミュージシャン達が集まって即興的に演奏することだそうだ。(両方ともウィキペディアによる)

上記のような意味を踏まえると、regaを指しての「プログレッシヴ・ジャム・バンド」というのは言いえて妙と言える。そして、僕の感想としては、リズム隊はファンキィなアレのアレですが、その上に被さるギタァは90年代以降のポストロック、マスロックのアレのアレを感じさせるアレであります。ポリリズムの使い方もさらりとしつつもカッコいい。ちょうどいい、ちょうどええ(二丁拳銃な感じ?)感じ。いやらしくないポリの使い方というか、体温高めの演奏にすんなりスパッとハマッておりまする。

ただ、一つ、難点と言うまでのものではありませぬが、ミックスの仕方がちと僕にはアレであります。それは2本のギタァが左右にパックリ割れすぎているのあります。
僕の音楽の鑑賞スタイルはウォークマンでありまして、必然的にヘッドホンであります。そこでギタァが右左にパックリ割れすぎていると、ちょっとアレなのであります。

みなさん、ライブのシーンを想像してください。バンドでギタァが二人いるとします。しかし、ライブ会場ではギタァが左右の耳に1本ずつ聴こえてくることはないでしょう?
これは僕の全くの個人的な嗜好ですが、音源でもライブのような生々しさを求める部分があるのであります。それが、左右にパックリ割れてギタァが聴こえると、演奏としては非常に非常に分かりやすいのですが、ちょっとアレなのであります。例えば右のギタァであれば右に7から8、左に2から3ぐらい、左のギタァであればその逆と、そのようなバランスにミックスしてもらえると個人的には良かったかなぁと思う次第です。ちょっと、偏屈な意見でありますな。まぁ、このようなことはあくまでもヘッドホンで聴く場合であり、ステレオセットやカーオーディオで聴く場合は関係ないのでしょうが。

まぁ、重ねて申し上げますが、上記のことは僕の音楽鑑賞スタイルの問題であり、そのことを持ってこの作品自体の評価、regaというバンド自体に対する評価・感想が変わるわけではないことも付け加えておきまする。

今日は久しぶりに繰り返しこの作品を聴いておりますが、本当に良い作品、演奏家集団だと思う次第。
みなさまもぜひお聴きになることを。



by cst6480088 | 2010-05-26 23:32 | 音楽(日本)

G-POP HOUR Vol. 5

一日の労働を終え、家での雑事も済み、この時間に飲むビールはやはりうまうま旨い。まぁ、ビールといっても第3のビール「クリアアサヒ」なのであるが。

まぁ、そんなこんなで土曜日の佐世保市ガァネットでのライブG-POP HOUR Vol. 5 のレポである。
出演順に書いてみたい。

まずは主催者であるところのHowling Setta
c0019268_23405316.jpg

たぶん2曲しかしなかったのであるが、その2曲の内容が、熱量が半端ないアレである。ドラムとアコギの2人しかいないのに、ヘタなロックバンドより十分以上にロック、ヘタなハードコアバンドより十分以上にハードコア。アコギでこれをやられた日にはエレキ弾きにとってはかなりのプレッシャー星人である。ドラムの方も職業音楽家並みのうまうまの演奏で伊達さんをしっかりバックアップ。こりゃあ、アレのアレだ。ただ人数が多いだけのバンドじゃアレだな。まぁ、僕らは僕らの演奏をするだけだぜ!って気合いが入る次第であった。

ちなみにプレッシャー星人の写真も載せておく。
c0019268_23475272.jpg

うあぁ、気持ち悪い。

まぁ、それはいい。

つぎなるは初見の佐世保のガールズバンドDONK!
ちなみにミクシィ日記で彼女らのことを「ギャルバン」と書いた伊達先輩から「ガールズバンド」とご指摘いただいた。「ギャルバン」なる言葉はどうやら死語らしい(笑)
c0019268_23583837.jpg

携帯写真なので非常に分かりづらいが彼女らは非常に可愛らしい女の子3人組で、まぁ、それだけでも僕には十分アレなのであるが、彼女らはバンドとしても十分にアレであった。

僕はフェミニストを自認する者であるが、ことバンドに関しては男女差別主義者である。なぜかというと、女性のロック演奏家の中には「可愛らしく」演奏して、もじもじもじもじした感じの人がいたりするのであるからである。そういうのを見ると歯がゆくて仕方ない。
恥ずかしいなら人前に出るんじゃねぇ!って言いたくなるからである。
下衆の勘ぐりかも知れないが「女の子だから許してね(はーと)」みたいなそんなことが感じられたりする場合があるのである。
人前で演奏するからには、男も女も関係ない。自己の演奏を自信を持って演奏すれば良いのだ。それが表現ではないか?然るにもじもじもじもじつたなく演奏しやがったりすると、「ライブは学生サークルの発表会じゃねぇんだ!金払ってる客に失礼じゃねぇか!この小娘!このくされ○×△野郎が!」って言いたくなるのである。・・・ごほん。下品で申し訳ない次第。

まぁ、ちょっとDONK!から話がそれてしまったが、何が書きたいかというと彼女らがそのようなファッキンなアレからは5億光年ぐらい離れたところで表現をしていたからである。非常に敬意を払う次第。ガリッとした荒々しい演奏に非常に好感を持ったのだ。(それにプラスして可愛いから申し分ないと言ったら言い過ぎか?)

そして佐賀のDamage Digital
c0019268_0123989.jpg

ごりごりのアレで清清しいくらいの、アレはなんて言うんだ?グラインドか?まぁ、とにかく曲は短く演奏はハードコアで久しぶりに90年代の良いころのハードコアの雰囲気を味わった次第である。
ちなみにこのバンドのフロントには女性がいたのであるが、この方は女性云々というのはまったく抜きにして、アレのアレなヴォーカルであった。非常に好感度高し。

そして僕らsmockであるが、メンバー全員アルコール摂取過多の割にはアレではなかったかと自分では思う次第。
一つアレだったのは演奏後に、客で来ていた米兵らしき2人組と会場の外で話をした際、「ソニック・ユースを思い出した」と言われ、まぁ、素直に喜んでさんきゅーさんきゅー言うたが、よう考えれば、ソニック・ユースは好きだが、僕らは似てないぞ?と思ったのが印象に残った次第である。

むーん、アルコールがまわり回ってきた。
寝るるるるる。

by cst6480088 | 2010-05-25 00:24 | ライブ

さぁ、ライブである。

明日はライブである。
佐世保のロックレジェンド、ハウリン伊達丸先輩にお呼ばれしてのライブである。
いつも言うていることであるが、我らsmockの音楽的探求は留まることを知らず、自分では日々これ進歩の日々であると思っている。自信過剰、自意識過剰、自画自賛である。音楽家とはかくも業が深い人間のことを言うのであろうと思う次第。

音楽家というものは、音楽が演奏したいから、音楽で何かを表現したいから音楽をするのであって、作るのであって、表現したいものがないならば楽器を持たなければいいのである。然るに、僕らが楽器を持ち、smockという楽団を作って演奏するのであれば、それは何かを表現したいということなのであろう。まぁ、僕らが何を表現したいのかということと、聴いてくださる聴衆の方がどう思うかは別の問題であるから、聴衆の方々がsmockの音楽を聴いて何を感じるかは自由である。百人いれば百通りの感じ方で感じていただければ、これ幸いである。

表現するのであれば、他人の物まねでは表現する意味がないとも言える。その意味において、僕らは自己の表現を追求しているという自負がある。まぁ、音楽家というものは、多分にそういうものであるのであろうが。

僕らの知り合いの中には、妙に他の音楽家に批評的な者がいる。まぁ、それはそれで良いが、自分が言う言葉はまわり巡って自分に帰ってくるものであるということは自覚すべきである。まぁ、そのような言葉を吐く輩は往々にして自信過剰、自意識過剰、もしくは自我が弱く打たれ弱いが故に自己を守る防衛線の意味を持ってそのような言葉を吐くのであろうとも推察できるが、いかんせん、自己の言葉には責任を持たねばならぬであろう。その意味において、僕は僕の言葉に自覚的に、意識して責任を持ちたいと思う次第である。他人に刃を向ければ刃を自分にも向けられることは覚悟せねばなるまい。

明日の佐世保のライブでは、僕自身はそのような覚悟を持って演奏に望みたいしだいであるが、聴いてくださる方々は自由に楽しんでいただければ、これ幸いである。

明日は、僕の、僕自身のインストパンクロックを演奏したいと思う次第である。
願わくば一人でも多くの方々に僕らの音楽が心に響くことを願う限りである。

◆G-POP HOUR Vol. 5
日時:5月22日(土)午後8時00分開場
於:佐世保市島瀬町9-6(マクドナルド四ヵ町店前)喫茶ガァネット
出演:Howling Setta/DONK!/Damage Digital(佐賀)/Smock(長崎)
チケット:前売¥1500/当日¥2000
*別途1ドリンクチケット¥500が御入場の際必要です。
チケット取扱店:ガァネット
お問い合わせ及びチケット予約:オフィスハウリング 09049930886

by cst6480088 | 2010-05-21 22:42 | ライブ