smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

smock動画アップ!!

マイミクのしゅんべ君が、10月29日(土)のホンダ楽器におけるsmockの演奏をアレしたモノをyoutubeにアレしてくれました
ありがたいかぎり。

smock ロマ


このロマという曲はフランスのサルコジ大統領のロマ民族迫害に対してアレのアレで抗議の意味を込めて作ったり作らなかったりした次第。

smock 無題


新曲にてタイトルが未だ決まっておりませぬ。
今回のライブで初お披露目でした。
ちなみに、最近の傾向としては、曲名をライブでご覧になったお客さまに付けていただいたりしておりまする。
いいアレがありましたら、是非とも私どもにお伝えください。
あなたがこの曲の名付け親になるかもしれませぬ

私どもは歴は長いのですが、このような映像がほとんどありませぬ。
故に、今回のようなアレは非常に嬉しい限り。
私どもは職業音楽家ではありませぬ故、ライブ演奏をいくら撮ってアレしていただいても、構いませぬ。怒るどころか感謝の限りでありまする。

まぁ、そういうアレでございます。
しゅんべ君には重ねてお礼を申し上げる次第でありまする。

ああ、できたら、キチンと卓から音をアレして撮っていただける方がいらっしゃれば、是非お願いしたい次第であります。
大してお礼はできませぬが、そうなったら非常に喜ばしく思う次第です

by cst6480088 | 2011-10-31 22:54 | smock

今週土曜日は【flavour】


今週土曜日は以下のイベントに出演いたしまする。
わたくしどもsmockはトリのアレで21時半ごろ出演いたしまする。
今回は、今練りにねりねりしております新曲もアレいたします。
これまでの私どものアレも踏まえつつも新たなアレにアレした曲であります。

毎度のことですが、わたくしは過剰に自画自賛するところがありますが、自画自賛に値するアレだというくるくるぱぁな自負のもとにアレしております。

私どもsmockは1年見なければ別バンドと言っても過言ではないアレを重ねて参りましたが、まだまだその歩みはとどまることなく、アレしております。
停滞は死につながったり、つながらなかったりします。
そのようなアレを踏まえつつの、野郎どもの、すべての若き野郎ども・・・
お~ だ やん でゅ~♪
きゃり~ だ にゅ~♪
ぶがる でゅ~♪ 
きゃり~ だ にゅ~♪

David Bowie All The Young Dudes

話がそれました。
わたくしどもはグラムロックの類、もしくはその亜種であるところのヴィジュアル系なアレは一切アレしませんが、自信を持って素晴らしきくそふぁっきんなインストパンクロックを鳴らしやがる次第でありやがりまする。
ぜひお越しくださいませ。
アレな方はコメントもしくはメッセージ、メール等くださいませ。


【flavour】
日時:10月29日(土曜日)PM14時~PM22時
場所:ホンダ楽器3Fアストロスペース
料金:¥1500(1ドリンク付)※長崎県外からの来場者は無料
出演バンド
・AZMA Shoegaze explosion(北九州)
・the bento band(佐世保)
・smock
・CITY
・ノイエサンスーシ
・DYPLOMA
・dope‐1
・ちゃの子(withしゅんべさん)
DJ
・JOE(TOO!TOO!TOO!)
・SAWA
・タニシ
・でぃぷろま君
・タナカシューイチ
・きっけ
・みつか
・青 
作品展示
・mariko
・でぃぷろま君
・青
飲食店出店
・マウンテンラヴ
※フリーマーケットの出店もあり

by cst6480088 | 2011-10-25 21:26 | ライブ

【flavour】

僕はどうやら、レディオヘッドのTシャツは似合わないそうだ。
昨日は22時から練習。
10年以上前に買うてずっとタンスにしまいっぱなしだったレディオヘッドのTシャツを着ていった。
最近はそうでもないが、僕は一時期はバンドTシャツをよう買うていた。
まぁ、大半は対バンしたインディバンドのモノが多いが、まぁ、とにかく、バンドもののTシャツをよぅ着てるのだ。

今回の練習では、作りかけの曲のギタァのアレを、僕なりに家で一生懸命考えてきたので、いつも以上に楽しみにしていた。いささか興奮気味であった。

てろてろ♪ てろてろ♪ ぺーぱぽぱー♪

家で弾いていたときは繰り返し繰り返し、もうくりくり繰り返しで前回の練習を録音したものに合わせて毎日、嫌というほど弾いたので、後半はいつも変な脳内物質が出て気持ちようなっていたのだが、バンドで合わせるのはやはり生もの。ナマのモノである。いきなりそう上手くはいかない。まぁ、でも曲作りの中では繰り返し同じパートを弾くので、ちぃと気分良くなってきた。

曲作りというのは、各人がそれぞれセッションの中でアレなアレを見つけてアレできるように頑張るのであるが、思いついたアレもバンドのみんなの演奏に合わせるとなると、やはり繰り返しのアレが要る。
各人が各人なりに苦労をする。

そして、煮詰まったら、喫煙休憩である。
ほいで、その喫煙休憩の際に冒頭のような事をうちのメンバーから言われたのである。
レディオヘッドは言わずとしれた世界的な有名バンドであるが、まぁ、僕が聴いている音楽家がインディペンデント・レーベルの方々が多いからと言うて、別に有名な方々を毛嫌いしているわけではない。有名な音楽家でも好きな方々はたくさんいるのである。
然るに、メンバーからは「(レディオヘッドのTシャツは)ガラじゃない。」ということである。
僕にはメジャーバンドは似合わないということか

まぁ、それは良い。

ちなみに喫煙タイムには女性タレントの安めぐみがお笑い芸人さんとご結婚というアレに対して、非常に残念、もしくは非常に羨ましいというアレでコンセンサスを得ることができた(笑)
安さんが仕事から帰ったら、お家にいるなんて、なんて素敵なのでしょう。
すてきすてき。

ごほん。
まぁ、それも良い。

再び、練習。曲作り。
今回の曲は、というか、毎回そうだが、新たな我々のアレをアレしたアレになっておるような気がしたりしなかったりしておる。
みんなで侃侃諤諤、努力を重ねて、我らなりの努力を重ねて、ある程度の形になってきた。
今度のライブではお披露目できると、ええね。ええな。

ちなみに、曲名はいつもの僕らのアレで決まっておりませぬ。
既に某バンド、具体的にはサイ〇ナイド・ク〇イストのベーシスト君が、練習スタジオが隣の際に我々の件の曲が聞こえてきて、その上で気に入ってくださったみたいで、「曲名を付けさせて欲しい」旨のありがたいアレを申し出てくださいましたが、一方で、女性から同じような申し出をいただいたら、即、そちらに決めてしまいそうなゲスなわたくしでございますが、よろしければ、ライブに来てたもう。

【flavour】
日時:10月29日(土曜日)PM14時~PM22時
場所:ホンダ楽器3Fアストロスペース
料金:¥1500(1ドリンク付)※長崎県外からの来場者は無料
出演バンド
・AZMA Shoegaze explosion(北九州)
・the bento band(佐世保)
・smock
・CITY
・ノイエサンスーシ
・DYPLOMA
・dope‐1
・ちゃの子(withしゅんべさん)
DJ
・JOE(TOO!TOO!TOO!)
・SAWA
・タニシ
・でぃぷろま君
・タナカシューイチ
・きっけ
・みつか
・青 
作品展示
・mariko
・でぃぷろま君
・青
飲食店出店
・マウンテンラヴ
※フリーマーケットの出店もあり

by cst6480088 | 2011-10-09 23:58 | ライブ

好きなアレに惚れ直す。

バイクがアレしてしもうた。
まぁ、壊れたというか、アレのアレで不具合がアレしたのだが。

SYMのwolf classic 125ccである。
もう1台の愛車SUZUKI SV400Sはさすがに日本製のアレ故か、中古で走行12,000km程のを買うて2年になるが未だに何のアレもない。

しかるに、wolfは、同じく中古で走行3,800km程のを買うたのだが、なんだかんだ1年で部品交換が2回目である。
一度目はゴム製のウィンカーステーがポキッと折れて交換。
まぁ、これはそう走行に支障もなく、部品が来るまでテープで止めてなんとかしのいだが、今回は、クラッチの線が、ワイヤーがレバーのところからほぼ千切れていたのである!!

危ないよねぇ。
あぶないあぶない。
思い返せば、最初に買うたwolfも(今のwolfは一度手放してまた買い直したので2台目)、新車で買うて走行2~3,000kmぐらいでクラッチワイヤーがいきなりブチッって切れたのである。
そして、今回はブチってはいかなかったが、「なんだかギアの入りが渋い。渋すぎる」って思うてちょっとレバーのところを見てみたら、ちぎれかけてやがるのである。
クラッチレバーをアレしても、ほぼ駆動力が途切れない状態。
アレね?バイクってクラッチ切れてなくてもアクセル戻せばなんとなくギアを変えられるのね(笑)
勉強になりました。
まぁ、非力なバイクだから、事故にはならんでホッと一安心。
いやいや、一安心って、たまたまか?

恐るべき台湾クオリティということか?

まぁ、待て。
待て待て。

良く考えろ。
考えろ、俺。

だいたい、wolfは125cc単気筒、新車で20万ほど。
ちなみに、日本メーカーの125cc、カワサキの125ccマニュアルバイク、D‐トラッカーは新車で30万強。
価格差10万。
そして、僕は中古で13万ほどで買うたのだ。
13万の減価償却、その他云々、費用対効果、いろいろアレすれば、決してアレな買い物ではない。
アレではないのだ。
満足度、商品を買うた上での効用は決して低くはないのである。
低くはないのである!

はぁはぁ。

人間は、自分の選択を否定したくはない。
特に、男性は、そうではないか?
自分の選択を、間違いを、認めるというのは、ある意味、自己の存在を否定することにつながるのである。

従って、自己の選択を正当化、もしくは合理化することは、精神衛生上、必要なことなのである(笑)

しかし、いろいろ理屈を並べても、もともと、wolfはルックスに惚れて買うたもの。
ここが一番大事。
スペック云々は初めから度外視して買うたし、品質も、そこまで期待はしておらず。
昔、ミニに乗っていた時と一緒だ。

「壊れたら、直せばいい」

まぁ、そういうことだ。
ということで、今日、バイク屋で修理した帰りにはもう、にこにこ。
「ええわ。クラッチって大事なのねぇ。」
なんて、当たり前のことに感謝、感謝。

そして、最後にアレのアレで下の写真をアレしてください。
c0019268_22412620.jpg

今日、バイク屋に置いてあった、韓国のデイリンというメーカーのB‐Boneなる125ccスクーターです。
デイリンなるメーカー自体、初めて聞きました。ましてや、このスクーターも初めて知りました。
写真ではアレかもしれませんが、実物はなかなかイカしていました。
ホンダの〇ーマーをおっきくしたみたいですが、なんにしろ125cc、原付でも2種です。市街地の道路での機動性の高さは原二に勝るものはないと思うております。
非常に興味がある次第。
ぱっと見はズー〇ーのパクリみたいですが、よく見ると足はフロアに置くのではなくステップがあり、バイクに近い感じで、ただのスクーターとはちぃと、違います。
そして、デザインも日本人がアレしているそうです。
wolfを手放す気はないですが、美人な娘さん(バイク)を見ると、やはりちょっと見入ってしまいます。
ただ、値段は33万ほど。
日本車と大差ありません。
未知なるメーカーのアレをアレするのには、かなり、勇気が要ります。
そのアレを乗り越えるのは、やはり価格の力が必要でしょう。
デイリンさんは、もう少し、価格をアレしないと日本市場では厳しいのではないかと思う次第であります。

by cst6480088 | 2011-10-03 22:51 | バイク・車