smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ライブ告知


いよいよです。
2013.3.10
「Digital,Analog,Stereo,Monaural,Discotheque.」
@Nagasaki Music Bar Paranoia
open/start 18:45/19:00
ticket \1000(+1drink order)
cast
●DJ : shunve /kikke
●BAND : (O.A.)ブルーマンデー症候群 / dope-1 / smock / SD03 / 並之下


smockは新曲をやりまする。
ご都合のつく方はぜひお越しください。
メッセ・コメントなど頂ければ幸いでありまする。


by cst6480088 | 2013-03-10 01:14 | ライブ


「はっぴい じゃなぁ~い♪ らっきぃじゃなぁ~ああ~い♪」
瑛太さんと松田優作の息子さんが出てるドラマのオープニングの歌を次男と三男がよう歌う。今日も風呂で歌うておった。フラカンの人の声とメロディは子ども心を打つのだろう。僕も好きな曲である。

「まともがわからない♪」
歌ってる人の名前はまだ覚えきれていないが同じドラマのエンディングの曲である。これも子ども達がよう歌うている。僕も好きな曲だ。
演奏は非常に70年代的なアレな臭いがして、ちょうど松田さんのお父さん出ていたドラマ「探偵物語」での曲たちを彷彿とさせるような、まぁ、実際、ドラマ本編にもそういうところがあったりなかったりするのだが、まぁ、そういうアレである。

子どもにも覚えられるような曲というのは、要するに、普遍的ななんとかかんとかを持っているということであろう。特に音楽表現の中でも歌というものの威力というか、「力」的な、そういうアレのアレはやはり別格なのかも知れぬ。

まぁ、私どもの楽団は目下のところライブで歌のあるような曲は演奏しておりませなんだが、やはり歌がない分、即効性というか、わかりやすさというか、そういうアレはちと、アレかも知れぬ。

まぁ、でも、それはそれ。
好き勝手に曲をこさえて20年楽団をやってきておりまする。
若い時分はちと色気づいた事を考えたり願ったりしたこともありまする。しかし、私めがなぜ楽器をぶら下げ音楽を奏でておるかというと、やはり音が出したいから、でかい音で仲間と演奏したいから、ギタァが弾きたいから、それだけなのでありまする。つまらぬことと思われる方もいるかもしれませぬ。欲のない日和った輩だと思われる方もいるかも知れませぬ。でも、結果的に、そういうことなのでありまする。

まぁ、しかし、その結果として今まで人様からお褒めの言葉をいただいたり、CD作品を買っていただいたり、音楽を通じて歳の離れてたり離れてなかったり、いろんな友人知人が出来たりと、ありがたい副産物、副産物というと言葉は悪いかも知れませぬが、そういうアレもあって、楽しいものでありまする。まぁ、大人の野郎4人が何年も何年も楽団を続けるのは大変じゃあるけれども。

アレ?
今日は、アレよ?
書きたいことはただライブのお知らせだったのでありまするが、いかんいかん、みかんみかん、ぱ〇つぱ〇つ、やはりつらつらとキーボードを叩いてしまいまする。

これなのでありまする。

2013.3.10 「Digital,Analog,Stereo,Monaural,Discotheque.」
@Nagasaki Music Bar Paranoia
open/start 18:45/19:00
ticket \1000(+1drink order)
cast
●DJ : shunve /kikke
●BAND : (O.A.)ブルーマンデー症候群 / dope-1 / smock / SD03 / 並之下


チケットはアレのアレでなくても大丈夫です。パライノイアの入口にいるであろうお嬢さんにsmockを見に来たと言うて頂ければ、ありがたい限りです。
自堕落に音楽を続けてきた野郎ではありますが、ばきっ!と、ガリッ!とした私どものならではの、他のアレとはいろんな意味でアレな音楽を奏でやがる所存でありまする。
ぜひご来場くださいませ。
来て下さるアレな方は事前にメッセ・コメント等頂ければ幸いでありまする。

by cst6480088 | 2013-03-03 23:45 | ライブ

ダンエレクトロ

なんでもそうだが、物事には新しいものと古いものがあり、「最新こそ最良・最善」という場合もあったりなかったりするでしょう。するらしかです。
まぁ、でも、実用的なモノでもなんでも古いものを好む人もおられる訳で、そこは個人が価値判断をどこに置くかの問題、物事を見る座標軸の問題であり、善し悪しをアレするモノでもないのでしょう。

まぁ、時と場合に応じて新しいものと古いものを好みでアレすれば良いという当たり前かもしれないアレ。

僕はロックの楽団員であるからして、楽器・機材に関するアレで言えば、ギタァのチューナーなんてものは、昔はけっこう何千円もする高価なもので、大きさもコンパクトエフェクターを横長にしたようなBOSSアレなんて80年代90年代当時はみんなよく使っていたが、今ではマッチ箱よりも小さいくらいの、ギタァの先にクリップみたいなモノでくっつける、しかもシールドを挿す必要もない、僕からしたら途方もなく便利なものが、1000円台で売られていたりする。もはや、昔のBOSSのアレみたいなエフェクターは古臭くて新たに買う人もいないのではないか?というか、作られていないのではないか?というアレである。(作られているかもしれないが)

まぁ、僕は根っからの文系野郎であり、機材関係にはけっこう自信たっぷりに鈍い、詳しくないので、まぁ、アレであるが、エレキギタァ周辺の電気でアレする機械は日進月歩甚だしく、今でも20数年前のBOSSのコンパクトエフェクターを使うている僕のような輩からしたら、まぁ、にんともかんとも訳の分からないモノがたくさんあり、またその中にはすごく便利そうなモノがちらほらとある。問題は、僕はそれらを使いこなす自信がないということであるが。

また、何か脈絡があるのかないのか分からないアレな駄文をアレしておるが、それはまぁ、仕方ない。

にんげんだもの。

本日は楽団の練習であり、いつもより早い時間にアレしたので、練習後に地下スタジオの上の楽器店内をあれこれと見ていて、しげしげと上記のような事を考えたのである。

ちなみに、僕はギタァは4本持っているが、楽団でメインで使うているのは、もちろん1本だけ。それ以外は家での練習用のミニギタァを弾くのみで、残りの2本は部屋の片隅でずっとケースに入ったままである。
しかし、楽器屋には当たり前だが、ギタァがたくさん展示してあり、それを見ると、いろいろうっとりしたりしなかったりする次第。

ダンエレクトロなるメーカーのギタァが非常に気になった。というか、ずっと気になっている。薄給子ども3人持ちのサラリーマンでなければ、買うてしまいそうである。
ちなみにどのような音がするのかは知らない。生で聴いた記憶がほとんど全くないのだ。
まぁ、ギタァなどは同じアレでも達者な人とそうでない人で出てくる音が全く違うのでアレと言えばアレだが。
とにかく、ルックスである。
ルックスが好きなのである。小さくて軽そう=肩がこらなさそう、ということである。
僕は以前ギブソンのレスポール(盗まれてしもうたが)を弾いていて、肩こりに非常に閉口した事があるのだ。
同じようなアレでヴァン・ヘイレンモデルのギタァも気になってはいるが、ルックス的にはダンのエレクトロの方である。ちなみに僕のもう一つの趣味であるバイクもルックス8割で決めている。

楽器やバイクなどというモノは女性に例えられたりしたりしなかったりするが、女性であれば、意思をもった人間であるので、極上の美人を我が手にアレしてこれしてという訳にもいかない。さらに結果的には見た目よりも性格重視なんてのが、建前でなく本音のアレになったりする。しかし、楽器はそうではない。何より意思を持たない。財力さえ許せばすんなり手に入る。極上の美人(楽器)を手に入れて、そして自分の好きなようにあれこれと愛でて、めでめでまくりくりしても何の支障も、問題ないのだ。素晴らしいではないか?

まぁ、冷静になれ。
なれれ。

ダンエレクトロも見た目は僕の好みだが、ちと、アレなところもある。
ピックアップ、細くね?
ほそほそじゃない?
痩せすぎやろ?
ウィキしてみたらリップスティック・ピックアップというアレらしか。昔は実際に口紅のケースを使いよったらしか。面白かけど、音はどうなのかな?まぁ、弾かんばわからんね。

僕はギブソンのSGを使うているのだが、ピックアップはP-90という古臭いアレである。シングルとハムの中間みたいなアレでキレは良いけど、芯のある太いアレが出るので、気に入っている。
音は気に入っているが、それは結果的なアレであり、買うた理由の第一のアレは紛れも無くルックスである。P-90云々なんてのは後付の理由でしかない。
まぁ、結果的に出力がでかい故にええ感じのハウリングが出て、マーシャルのスピーカーにギタァを向ければ「ぴー」とか「がー」とか言うて、大変可愛いヤツである。

でも、ダンエレクトロの見た目はちと肉付きの良い背の小さな女の子みたいでとてもかわええ。
かわええアレを抱いて好き勝手にあれこれ鳴かせてみたいものである。
普通に弾いた音よりもハウリングで意図せぬ鳴き声をあげた時がどうなのか、気になる。
通常のアレも大事だが、ノーマルではないアレをして、どんな声を出すのか、興味津々なのである。

・・・・下品ですか?
・・・・ああ、そうですか。

ああ、ライブのアレをお知らせしようと思うたのに、なんだか好き勝手にアレして眠くなってしもうた。

ちなみに、ダンエレクロのアレを弾いているギタリストで最近いたく気になっているのが、以下にアレする白人のでぶの少年の二人組である。
でぶでぶな色白くんとギタァのまるまるとした可愛さがとっても良い感じである。
そしてとってもロックな演奏である。
男子のアレのアレな一面がよく出ている次第。
Two Knights - I'm Here For The Pizzah Partie
by cst6480088 | 2013-03-02 03:49 | smock