smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Key Lime Pie(89)
レーベル virgin
c0019268_13874.jpg

今も活動しているのかどうか、よく知らないけどCrackerって米国のバンドが好きやった。
もう20年くらい前の話。今でもCrackerは時々聴く。
出会いは90年代、94年くらいに発売されたカーペンターズのトリビュートでCrackerがRainy Days And Mondaysをカヴァーしていた。そして、それがもうとんでもなくカーペンターズしてない、つまり全く欠片も爽やかでない、やさぐれた、ぐれぐれなアメリカンロックだったのがものすごく衝撃的だったのである。

まぁ、アレね?
Crackerについて書きたいのではなく、今回はそのCrackerのなんとかさん、まぁ、名前も覚えていないのだが、とにかくCrackerの中心メンバーが80年代にアレしてたCamper Van Beethovenのなのでありまする。

いきなりですが、耳って閉じたり開いたりしますよね?
まぁ、もちろん、ホントにぱたぱた耳が動いて閉じたり開いたりする訳ではないのですが、まぁ、同じ音が耳から自分の体の中に入る時と、入らない時、そういう時がありますよね?

ね?

まぁ、自分でも何を言うてるのか、若干のアレではありますが、続けます。

めんどくさいのでキャンパーって今からは書きますが、このキャンパー・ヴァン・ベートーベンは、CDを買うたのはいつかは忘れましたが、クラッカーを聴いてから数年後だったように思います。
まわりの数少ない音楽マニアな友人から名前は聴いておりましたが、僕はひねくれていた男だったので(まぁ、今でもひねくれているかもしれませんが)、人が褒めるバンドは率先して聴きたくないのです。特に身近な友人が褒めるモノは。雑誌とかで評価が高いとかならすんなり聴こうって思うとにねぇ。ひねくれとるとばいねぇ。

まぁ、それは良い。

さて、そんな感じでクラッカーに数年遅れで聴いたキャンパー~。
当時はあんまり耳から私の中に入ってきませんでした。
クラッカーはキャンパーと比較すれば、かなり骨太な演奏のアメリカンロック。けっこう直球。
キャンパーはクラッカーと比較すれば、線の細いというか、繊細な感じもする、より振り幅の広いロック。変化球もありますよ、的な。
まぁ、あくまでも上記は個人的感想で、僕の主観でしかありませんが。

むー。

ねむぅ。
眠くなってきた。
全くもって、根気がない。
まぁ、にんげんだもの。

さて、結論にいきますが、今日はそのキャンパーをずっと聴いております。
たまたま、本日ウォークマンのシャッフルプレイで以下の曲が流れたからです。
youtubeのアレを貼っておきます。
Camper Van Beethoven - Opening Theme
まぁ、インストの曲なんですが、ともかく、ものすごく久しぶりに聴いて、「ああ、そういえば、この曲は昔好きやったなぁ」と思い出し、アルバムを通して聴いてみたら、何か、耳に、身体に、音が、入ってくるのであります。

先程はクラッカーと違うけん、うんたらかんたら的な事を書きましたが、なんてことはない。
要するに、当時の僕の耳がキャンパーの音に対して閉じていただけの事であります。

やはり音楽は良い悪いの問題ではなく、好き嫌いの問題でしかないのだなと、そう思うた次第です。

そして、耳が開くも閉じるも、まぁ全くの個人的な問題であり、その音楽の良し悪しではない、至極当たり前のことに改めて気づいた中年くるくるめがねであります。

つまりは、当たり前は当たり前ではない、そういうことなのでしょう。

ねむぅ。
最後にライブの宣伝も改めてアレします。
心を込めてアレな演奏をアレします。
お気軽にコメント、ご連絡ください。
前売り料金で予約受付いたします。
(チケットはありませんので、料金は当日に受付でお願いいた「します。)

BASSNINJA vs CITY smock
期日 5月18日(日) 開場 18:30 開演19:00
会場 Music Bar Paranoia
   長崎市万屋町5-36 多真喜ビル3F
出演 今沢カゲロウ city smock Charismax
   BASSNINJA wired
料金 前売り ¥2,000+1ドリンクオーダー
   当 日 ¥2,500+1ドリンクオーダー
チケットはありません。事前にご予約いただき,当日受付にて料金をお支払いください。
(受付にてsmockの名を告げていただければ、幸いです)

by cst6480088 | 2014-05-16 01:06 | 音楽(アメリカ)

「David Bowie #9」no,1113

ぐーで たまたま♪
ぐーで たまたま♪
ぐでぐで ぐてたぁま~♪
毎朝、夏目さんの番組でぐでたまを見るのが最近の楽しみであるる。

まぁ、それはよい。

この時間は全くのぐでぐでである。
しかし、はよ寝ればよかとに、ぐでぐでしてしまう。

まぁ、にんげんだもの。
そういうものだろう。

ウォークマンからは、ボウイ。
Drive - In Saturday(ライブ 12弦ギタァ弾き語り)

Aladdin Sane収録の佳曲だがオリジナル盤発売時は私は全くの幼児だったので初めて聴いたのは大学生になってからである。

80年代前半、中学生だった私は、当時の多くの少年少女達がそうだったように、小林克也、ん?
かつや、こんな字だったっけ?
まぁ、よか。
とにかくベストヒットUSAそしてMTV、

あ~い うぉ~ん まい えむ てぃ~びぃ~♪

まぁ、とにかく、ダイアー・ストレイツの件の名曲にアレさるるように、そげな番組をよぅ見ていた。
然るに、したらば、ごく自然にボウイはジギー・スターダストではなく、レッツ ダンス!の人、華やかで、肩にパッドの入ったダブルのスーツを着こなすゴージャス ロックスターでしかなかった。

ほいで大学生になって、ボウイはグラムロックなんたるかんたるな人、ジギーさん、トム少佐、まぁ、そげな人だと分かった次第。

そして、このDrive - In ~もブルーアイド ソウルたるなんたるかんたるな、そげな話を雑誌で読んで、へへぇ~、ほほぉ~って、まぁ、そんな風に思ってた。

それから幾歳月、僕もよか年した大人になった。そして、Aladdin Sane 30周年記念の二枚組なんてアレなモノを買うて、この動画のDrive - In ~ のライブ演奏を聴いた。
オリジナル盤と全く違う12弦ギタァの弾き語り。

まぁ、なんというか、こっちの方が好きだ。
本人はどげな思うて演奏してるかは分からないが、まぁ、だるいときに聴くと、よい感じにぐでぐで、なんとなくここちよか。

音楽はどげんやっても、演奏者の手を離れれれば、聴衆の主観にアレさるる他ない。音楽鑑賞というのは、とても個人的な行為。

つまり、この曲を僕がぐでぐでと聴くのも、繰り返し聴くのも、まぁ、そういうものなのだろう。
僕は熱心ではない、偏ったボウイファンなのだ(゜_゜)

まぁ、そういうロックスターについて長々と書いたが、日曜日のライブのお知らせをしようと思うてパソコンを立ち上げたのであった次第。
なんにしても ぐでたま であるる。

以下、お時間のある方はぜひお越しくださいませ。

BASSNINJA vs CITY smock
期日 5月18日(日) 開場 18:30 開演19:00
会場 Music Bar Paranoia
   長崎市万屋町5-36 多真喜ビル3F
出演 今沢カゲロウ city smock Charismax
   BASSNINJA wired
料金 前売り ¥2,000+1ドリンクオーダー
   当 日 ¥2,500+1ドリンクオーダー
チケットはありません。事前にご予約いただき,当日受付にて料金をお支払いください。
(受付にてsmockの名を告げていただければ、幸いです)
by cst6480088 | 2014-05-15 00:40 | 音楽(イギリス)
先日のやヤセイコレクティブのライブにご来場いただいた方々、関係者のみなさま、誠にありがとうございました。
非常に楽しく演奏できましたし、会場の良い雰囲気の中、共演者のみなさんの演奏も存分に楽しませていただきました。

5月は私たちsmockには珍しく月に2本のライブがあります。
次のライブの詳細は以下の通りでする。


BASSNINJA vs CITY smock
期日 5月18日(日) 開場 18:30 開演19:00
会場 Music Bar Paranoia
   長崎市万屋町5-36 多真喜ビル3F
出演 今沢カゲロウ city smock Charismax
   BASSNINJA wired
料金 前売り ¥2,000+1ドリンクオーダー
   当 日 ¥2,500+1ドリンクオーダー
チケットはありません。事前にご予約いただき,当日受付にて料金をお支払いください。
(受付にてsmockの名を告げていただければ、幸いです)

昨年ご一緒しましたBASSNINJAと再びの共演でありまする。
あと、cityとCharismax
なんとまぁ、カリスマックスは10数年ぶりにアレだそうで、私も非常に楽しみでする。

まぁ、とにかく、BASSNINJAは「ベースって楽器はこげなもんよねぇ」ってアレを思いっきり壊しまくってくれること間違いなしです。もちろん良い意味で。
プレイヤーじゃなくても、一聴衆としても、非常に楽しめるステージをアレして下さいまする。
ベース1本で世界中をアレされる方なわけですから、そりゃもうかなりのアレですよ。
見てみて損はないって事でありまする。
お時間のある方は是非お越しくださいませ。

私たちsmockも自身も楽しみつつ、みなさまも楽しめるような演奏をでけるよう頑張りまする。
以下の曲はシンプルですが、演奏して心地よくて最近のお気に入りでする。
smock / ♪Adam Touch

パラノイアでお会いしましょう。
by cst6480088 | 2014-05-11 23:31 | ライブ