smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「キム・ディール」no,352

先週の東京出張の際、久しぶりに本を買った
僕は以前はマンガ大好き少年であった。
少年ジャンプ、ヤングジャンプ、ヤングサンデー、ヤングマガジン、モーニング、アフタヌーン、ビックコミックスピリッツ、ビックコミックオリジナル

大学生の頃は、だいたいこのくらいを欠かさず読んでいた。マンガがほとんどであるゴルゴ13で世界情勢を勉強していたりしたのだ
そして、エ○トピアとかそういうものも(これもマンガだね。まだあるのかな?)、たまに読んだりしていたし、○ロ本も毎月欠かさず買うお気に入りがあったりしたのであるが(そのエ○本のことを「魂が咆吼するエ○本」と僕は言っていた)、まぁ、それはそれでアレはアレね。
まぁ、ようするに、お年頃だったのだ




このブログをご覧のお嬢さんがた、よくお聞きなさい
青年男性というモノの9割以上はたぶん陰○で物事を判断しています。もちろん理性はありますが、猛り狂う○茎が、時にそれを上回るのです。男の根本はみなオオカミなのです。

「わたしの彼は、そんなんじゃないわ!!あんただけよ!このケダモノ!」

はい、よく分かります。きっと優しい彼なのでしょう
それはそれでよく分かりますが、おいちゃんはそれでも上のように主張します。
この事を肝に銘じて、男性の操縦方法をよく勉強してください。

はいはい、やっと本題に入りますが、その男性心理を勉強し、また、これから女性として生きていくために、読んで欲しい本があります。
それが、今回の出張の際に購入した本です。

c0019268_0102626.jpg「男に大人なんていない!?」(05)集英社
キム・ミョンガン / 内田 春菊

この本はキムさんと内田さんの共著という形である。まぁ、文章がキムさんでところどころ内田さんのマンガが入るという構成なのだ。
キム・ミョンガンさんは、「恋愛の基礎」(01年、講談社より出版)というコラムを僕がまだ学生の頃ビックコミックスピリッツ(だったかな?)に連載していて、そのころから非常に興味があった。

まぁ、話すと長くなるので詳細は省くけど、ようするに日本の男に大人なんていないということだ
たぶん、それは当たってると思うね。
俺は違うぞ!この野郎!」という人は、試しにこの本を読んでみて欲しい。
僕は、改めて自分を振り返る良い機会となった。

日本はまだまだ男女共同参画というには、「いやぁ、頑張ってるんですけどねぇ。なかなかねぇ」という社会。
基本には男尊女卑というかマッチョイズム(アメリカのマッチョイズムとは少し異なるが)の社会。

男女がお互いに(全体的に)変わらなければ社会は変わらないんだなぁって思うのだ。

・06年11月12日(日) Clean It Up 11× !
場所 : ホンダ楽器3F( 長崎市 大学病院前電停前 )
15:30開場/16:00開演/19:00終了
チケット : 前売り1,000円 / 当日1,200円
出演 : smock / folk enough and more~

・12月23日(土)少年ダンディー13
場所:大村BeCK
OPEN17:30/ START17:50
チケット1,000円
出演:助川氏(佐賀)/NO LIMIT(神戸)/ピストルレイプ(佐世保)/GON/smock
by cst6480088 | 2006-10-19 00:06 | その他