smock vo/g のつれづれブログ 


by cst6480088
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「Sonna #1」no,478

c0019268_22435023.jpgWe Sing Loud Sing Soft Tonight (01) Temporary Residence
静寂。
光。
波。

アルビニプロデュースだそうである。
音をよく聴けば、ドラムの音を含め随所にアルビニ印が見えて、「ああ~、言われたらアルビニレコーディングだなぁ」って思う。
でも、言われなきゃ、分からない。
アルビニの仕事は本当に多彩だからね。
まぁ、僕の耳ではそんなものだろう。




そんな80年代にアルビニに毒された僕のような人間も包み込むような、優しげなポストロック。
でも、寂しげな音像である。
キレイだけど、音の粒は一つ一つが切なげで、その「切なさ」は、キチンとパンク、ハードコアの荒野をてくてくと歩いてきたが故の、「切なさ」であり、「刹那さ」である。

まぁ、アルビニにエンジニアを頼むくらいだから、そういう音である意味当たり前かもしれないな。

ちなみに、切なくても、音は前向きである。
前向きもイロイロあるが、キチンとネガを知った上でのポジである・・・と思う。

以前にも書いたかもしれないが、ネガを知らないポジはただのバカか、目を閉じている人である
目を開いている限りにおいて、世の中はバラ色ではない。
世界は言いようのない悲しみ・苦しみに満ちている。
それを意識した上で、さらに自分の裏側も含めて見た上での「前向き」でありたい。
まぁ、僕自身への言葉であるが。。。。
by cst6480088 | 2007-04-16 23:01 | 音楽(アメリカ)